アーユルヴェーダのアドバイザー資格

振り返ると昨年12月は1度もブログを更新できなかったのですが、
その間にアーユルヴェーダのアドバイザー資格を取りました。

いつもお世話になっているヨガ・チベット体操の先生にアーユルヴェーダの
体質診断をやってもらい、解説を聞いているうちにその理論だったり、
内容に「ビビビッ!」と惹かれてしまい、もっと知りたい!と
思い立ち、一気に勉強しました。

アーユルヴェーダとはインド発祥の医学です。
アーユルヴェーダではこの宇宙に存在するすべてのものは
3つの性質(ヴァータ・ピッタ・カパ)を持っていて、
そのバランスによって人は体調やメンタルの状態が左右されるといいます。
今回、資格を取るためにその性質に応じてオススメの食べ物や運動法、
睡眠方法だったり、スパイスやハーブを使って体の調子を整える方法を
学びました。
例えば、家族が調子が悪そうな時にその症状に応じてハーブティーを入れて
あげたり、アロマを嗅がせてあげたり、薬に頼らないケアをしてあげられるように
なりました。アーユルヴェーダについて調べている時に、とあるサイトで
「アーユルヴェーダで一家に一人のホームドクターに」という
キャッチコピーを目にしたのですが、まさにその通りです。

私はもともと、鼻水が出るなーとか、喉が痛いなーとか、
病院に行くほどではないけれど、体の調子が悪くなった時に
我慢ができない性質で、「すぐに何とかしたい!」と思ってしまうけれど、
薬を飲むことには抵抗があって、でも我慢ができないから
後ろめたさを抱えながら薬を飲むという状態でした。
あと、花粉症などのアレルギーで自分も、子どもも
毎年、月単位でケミカルな薬を飲み続けるのですが、
それもすごく嫌で、でも薬を飲まずには症状が辛いので
ケミカルな薬ではなく、漢方を飲んだりしていました。

毎年セッションを受けているチャネラーさんによると
私は過去生でハーブなどを使って薬の調合をする魔女的なことをしていた
ことがあるらしいので、そういうのが影響しているのかなと思います。
アーユルヴェーダはまさに私が過去生でやっていたことに近くて
だから「ビビビッ!」と惹かれたのたのかもしれません。

オラクルカード、エーテリアルクリスタルヒーリング、フラワーセラピー、
そして今回はアーユルヴェーダと見境なく学んでいるようにも思ってしまうのですが、
私の中で共通項があって、それは「自分を知り、自分を癒すことができるツール」
だということです。
例えばオラクルカードはカードが今の立ち位置だったり、すべきことだったりを
示してくれますが、アーユルヴェーダも自分の性質から感情や体調の波が分かるという
「自分のことを知るツール」だったのです。

アーユルヴェーダについて知識を詰め込む作業を去年はやったので
それをさらに実際に自分や家族、友人知人にやってみて経験を積む作業を
今年はやっていきたいと思います。
そしてそれがいつか「自分を知り、自分を癒すことができるツール」から
「人を知り、人を癒すことができるツール」にできればいいなと思います。